2009年 07月 29日 ( 1 )
【想像以上に難しい試合】ナビ準々決勝 名古屋戦@瑞穂
‥といっても現地組にあらず。でもオフなので、時間には恵比寿へ。

塩田の復帰戦、そして久々のケンタ先発を見届けたかったけど、
久々で一緒に観る仲間達とワイワイやりつつキックオフ‥。

肘でビール倒して、隣をビショビショにしちゃったんで、
序盤はよく見てないけど、フレッシュなメンバーが入った故に、
パスが繋がらない場面が多々あり、もどかしい展開。
理想は、早々と先制してトドメを刺したかったけど‥
特に、ケンタの絶妙クロスから真吾‥これは決めてくれ!。
その決定機の直後、名古屋の先制‥。
ケネディのお膳立てから、巻が競り合うDFを押しのけゴール。
「初物」相手の難しさか、ケネディにはケンタが付いてたけど、
リーチの長さと独特な間合いで抜かれてのクロスだったね。

あと、やはり杉本はいやらしい選手だった。

その後もなかなかリズムに乗れないものの、前半折り返し。

後半は、まず点を返したかったけど、
カボレの惜しいシュート2発が決まらず。
相手も更なる得点を目指して攻勢に。

悠平投入でバイタルをケアしつつ、羽生を前目に、
更に、その後痛んだ羽生に変えてナオを投入。
その効果で、徐々に勢いがつくも、
CKから吉田麻也のヘッドで追加点を与える。

カボレが退き、前線の起点が減ってから、
なかなか状況を打開できず、ようやく平山投入。
すると、ファールを受けてのセットプレーも増え、
相手が落ちてきたのも相まって、決定機が増すと、
終盤、相手のセルフジャッジの隙をついて、
ナオが右サイドから持ち込んで、マイナスのクロス。
相太と達っちゃんが飛び込んで、ニアの相太がゴール!
アウェイゴールで実質同点に。

この後は、リードもあるので相手をいなすなり、
キープするなり、しっかり時間を使って欲しかったが、
攻撃に出た所を奪われてのピンチにヒヤヒヤ。
でも、何とか凌いで試合終了。
城福さんもおっしゃってましたが、最低限の責務は果たせたが
ゲームの進め方など課題もまた、見つかったかなと‥。

他会場も、清水がホーム3得点と前節アウェイゴールで勝ち、
9月の準決勝で、またも対戦する事に(苦笑)。

鞠にG大阪が、川崎に鹿が敗れる波乱もあり、
今季のナビスコは面白くなってきた(^皿^)b
それに‥川崎は延長戦を戦ってたから、
今週末に対戦するウチ的には好材料か?

現地組の皆さん、お疲れ様でした!
で、イケイケさんがやってたあの踊りは、何なんでしょ?
めっちゃ気になりますなぁ(笑)。
[PR]
by calcio-ken27 | 2009-07-29 23:17