人気ブログランキング |
2008年 03月 09日 ( 2 )
【早くも因縁の対戦】サテ開幕戦 東京vs浦和 @ 夢の島
今年はサテライトリーグが、例年になく早い開幕‥。
初戦は、夢の島にて浦和戦でした。
d0048818_21323494.jpg

【スタメン】

小山・ブルーノ・吉本・金沢
浅利・栗澤・川口・大竹
近藤祐・赤嶺

ちなみに浦和側で知ってる選手は、細貝・内舘・梅崎・岡野‥かな。
あと、ヘッドコーチに、ゲットゴール福田が。

【試合】
前線からしっかりプレスをかけて、高いポゼッションを維持、
厳しい当たりで、相手の攻撃の芽を摘んでゆく東京。
一方、そんな東京を受ける形で、守勢に回り、
時折カウンターを交え、攻勢に出るものの、明確な形がない浦和。
そんな構図で終始した90分間でした。

得点は、後半15分過ぎに取った真吾の1ゴールのみでしたが、
直後から、交代で入った選手含めて、
最後まで集中を切らさずにプレーし、1-0で今季初戦を飾りました。
d0048818_21323438.jpg


【選手個々への印象】
■荻くん、試合勘がついてきてか、ピンチも絶妙な飛び出しで防ぎ、
ゼロ封のサテ開幕戦に貢献しました。

■泰志、梅崎とのマッチアップも臆する事なく、
厳しいチェックと巧みなボールさばきで、好守に貢献。
終盤、ドリブルで相手をどんどんかわして
フィニッシュまであと少し‥という場面があったが、
この積極性を更にアピールして欲しい。

■カズ、相手の長身FWと激しく対峙し、
気持ちが全面に出たプレーでチームを鼓舞しました。
クリアしようと蹴り出したボールが、
倒れてる岡野に当たってしまったのはご愛嬌(笑)。不可抗力です。
今日一番、パッションを感じさせてくれたカズ君には感謝です!

■その相方のブルーノ、堅実でクレーバーな守備を披露。
改めてスタメン組とのコンビネーションを見たい。

■浄サン、対面する岡野にほとんど仕事させず。
持ち前の「スルスルっとゴール前に攻め上がり」も見られ、
改めて、浄サンの安定感も魅力だなと感じました。

■サリさんとクリのボランチコンビは、あちこちに顔を出して攻守のバランサーとして汗かき
つつ、
前線に飛び出す積極的な姿勢が見られ、サリさんはあわやゴールを期待させるシーンも。

■洋平君、いつもながらのテクニックで攻撃センスを感じさせながら、
昨年培った守備の意識で、相手の攻勢を切る動きも。

■祐介、交代するまで運動量が落ちる事なく、
前線からの献身的なプレスで、勝利に貢献。
もう少し、中盤からの「愛あるパス」があれば、
彼のゴールも見る事ができただろうと思う。

■真吾、まずはナイスゴール!
ポストワークに、裏を狙う動きなど、
ストライカーらしい動きが見られたけど、
祐介同様、いいお膳立てがあれば、更に得点できたと思う。

■交代選手の中では、昂太君が光ってた。
洋平君とは一味違う、トリッキーだけどしなやか、
華麗な球さばきが戻ってきた感じ‥
更なるコンディションアップに期待大です。

という訳で、今週末の2連戦ともに、
城福さんの目指す新しい東京の指針を、肌で感じられ、
有意義な週末を過ごせたと感じています。
もちろん、まだ課題はあります。
フィニッシュの一歩手前までは行くものの、最後の詰めが‥。
ただ、これも一歩ずつ着実にクリアできれば‥。

あ、今日はG裏の芝生席も開放されてました。
d0048818_21323464.jpg

今季のサテでずっと開放されるのかわからないし、ちょっと探検(笑)。

そして、試合後。カズ君にどうしてもありがとうを言いたくて、彼を引きとめ、
同じタイミングで上がってきた同期の昂太君と共に写真を。
d0048818_22104728.jpg

by calcio-ken27 | 2008-03-09 21:32 | FC東京
【開幕戦は味スタへ】東京vs神戸
いよいよ始まった、城福トーキョーの歩み。初戦は神戸戦。
d0048818_010086.jpg

☆J’sゴールのレビュー
http://www.jsgoal.jp/news/00061000/00061792.html

【今日のネタ】
■イジるのを楽しみにしていた規郎はベンチ入りも出番なし。
でも、アップ終了間際のビジター選手紹介で、
ブーイングが出ると、「待ってました」とばかり手を振り、
余裕のある風に見せていましたが、心の中はどうだったかな?

■ゲストは予想通り、織田裕二のそっくりさん。
d0048818_010071.jpg

持ちネタで東京の応援はいいが、G裏のノリはイマイチ(苦笑)。


【スタメン】
塩田
徳永・藤山・茂庭・長友
羽生・梶山・今野
石川・エメルソン
平山

【試合】
予想外に序盤からプレッシャーかけてくる神戸に少し押されるも、
羽生やナオ、エメの流動性のある動きや、
平山のポストワーク、SBの攻め上がりなど、
徐々に盛り返してゆく東京なれど、なかなか得点につながらず。

試合は動かないだろうと、ケンタの売店に向かった終了間際、
エメのFK、打つと見せかけ、ちょいと先の羽生へ、
浮き球でゴール前に上げると、今ちゃんが飛び込んで先制!
非公開練習で練った秘策が実ったのか!?
この場面を生で見逃したのが悔やまれつつ、後半へ。

神戸が先手を打って、松橋→須藤、朴→ボッティと交代。
その後のセットプレー、古賀の低く早いCKを、塩田が弾くも
栗原に詰められ、1-1の同点に‥。
東京も、カボーレ・大竹を立て続けに投入し追加点を目指すも、
中盤でなかなか保持できず、神戸に押され気味に。
更に速攻であわやのピンチがあるも、
塩田のセーブとDF陣の踏ん張りで乗り切る。
終盤には、祐介も投入して3トップのスクランブルをかけるも、
無情のホイッスル‥1-1の引き分けで、初戦を終えました。
d0048818_010039.jpg


チームの完成度がまだまだな現状で、
個人的には、少なくとも勝ち点を取れたと解釈します。
ただ、終了後の挨拶での塩田の悔しい表情を見るにつけ、
やっぱり勝ちたかったなぁ‥とも思いました。

ただ、その中でも、新戦力の大竹・カボーレの
実力の片鱗を垣間見る事ができたので、
彼らを、いかにうまく起用していくのか?
更に、どのタイミングで、ブルーノのスタメン起用に踏み切るのか?
ここに注目していきたいと思います。

試合後は、隣駅のフットサルコートで、
仲間のプレーを見学→神戸戦レビューしながら晩メシをしたので、
すっかり遅くなっちまいましたが、
次節の新潟戦に向けて切り替えていきまっしょい!
by calcio-ken27 | 2008-03-09 00:09 | FC東京