人気ブログランキング |
2007年 04月 08日 ( 1 )
恵比寿づいてる最近‥
とはいえ、オシャレな場所を巡るでもなく。
いつもの行きつけのパブにて、ミヤの雄姿を見るために。
ただ、メインが千葉vs横浜FCのため、
カウンター越しのモニターのみで、音もない。
更に、自称清水ファンと称する男と、サッカー知らずの彼女のカップルの、
能天気な会話に辟易しつつの観戦でした。

まぁ、ウチのサッカーの感覚で見たらあかんねんけどな。
これがブラジル流のゆったり攻めるスタイルなんやね。

ミヤは時間を追うごとに、
ボール触れる機会が増えてきたし、
積極的にゴール前に飛び出して、
トレスボランチの左らしい動き。
サイドチェンジも見られた‥右足やけど(笑)。
それと、FK·CKを蹴る場面を
一度も見られなかったのは残念。
『俺が蹴る!』って言うわけにはいかなかったかな??


後半も引き続き、ピッチに現れたミヤ。
チームもなかなかゴールまで結びつかず。
単発ながらチャンスもあり、失点せず踏ん張ってた。

しかし後半15分あたり、中盤でフェル(かな?)が、
中へドリブルしつつ、右でドフリーの市川へ。
そのまま弾丸ミドルが決まり、1失点。
間もなく山崎との交代で、ミヤがいち早くお役御免に。
この時点で、興味が半減したのは内緒(苦笑)。

ただ単に、FWを入れて前がかりに行く為だからか、
運動量が落ちて交代かと監督に判断されたのかはわかりませんが‥残念。

ようやく前線に動きが出てきた大分ですが、
またもフェル起点に、ペナに走り込む枝村へ。
短く早いクロスに、ジェジンが合わせて2点目。

更に点取りに行かなきゃならない大分、
DFを減らして、オフェンシブな選手を投入する策へ。
右サイドの高橋·DF上本を下げ、梅田·プラチニ投入するも、
ゴールは遠く‥そのまま、2-0で終了しました。

焦りからか、真ん中からの強引な突破ばかり。
こういう時こそ、左右サイドを生かす手もありだったんじゃないかな。
だからこそ、ミヤを残して欲しかった。。。

ただ、ナビスコ的に考えると‥
次の水曜、大分と横浜FCが痛み分けのドローで、
ウチが磐田にしっかり勝てば、大いに予選突破のチャンス!
ちょっと水曜に向けて、モチベーションが上がってきた!!

さて、今日のミヤのプレーが、監督へのアピールになったか。
パサーの役割だけじゃなく、
前線への飛び出しなど、
今までになく攻撃への姿勢が見られたし、
他の中盤を見計らって、
最終ライン前でバランスを取ったりと、
久々のスタメンに、大健闘な印象を
僕個人は持ってますがね。

by calcio-ken27 | 2007-04-08 20:03 | フットボール