6/5 TM早稲田大学戦
今週お暇を頂いてるワタクシ・・。
昨日に引き続き、コダイラへ。

〈前半〉
■東京
阿部ノブ
ケンタ・カズ・マツ・フジさん
村田・洋平・34・達也
真吾・祐介

■早大
1
16・3・4・5
6・7・8・9
10・11
d0048818_18213256.jpg

カズとマツ中心に相手のボールは弾き返せてる。
洋平・村田の両ボランチがバイタルエリアから
うまく球を捌いて、前線のふたりに供給するも、
フィニッシュがなかなか決まらず。

そんな膠着した状況に、城福さんの激しい檄が飛んだ!

d0048818_18232142.jpg

37分、ペナ中央まで運んだボールを
右サイドを駆け上がったケンタへ。
絶妙のクロスを真吾が合わせて先制。

その後のCK、洋平のボールに34番が合わせるもゴールならず。

積極的に攻め上がるケンタでしたが、
なかなかボールを出してもらえず、
「んあ~っ!」と叫ぶ様は熱かった。

〈後半〉
■東京
ヒロ
ケンタ・モニ・マツ・泰志
浄さん・ヨネ・草民・ラファエル
34・39(Y?)

■早大
16
12・14畑尾・13・2
18・17遼太郎・19・20坊主
23坊主・22

4分、左サイド20番のクロスがそのまま入ってしまい、1ー1。

7分、ゴール前のクリアがうまくいかず、早大OG。
2-1で東京リード。

ラファエル、激しいチェイスを見せるなど、
背丈の割にはスピードがあるな。

27分、ラファエルoutカズin。
カズ左SBで泰志が1列前に。
コンタクトプレーでちょいと痛めた模様、
大事を取っての交代か?

37分、気づいたら34番?がゴールして、3-1。
そのままのスコアで終了しました。

【今日のネタ】
■マツ君、まだ右目下のアザは消えず。
「大丈夫っす。でも痛みに弱いっす(苦笑)。」
久々の連戦で、だいぶ勘も戻せたそうです。

■浄さん、昨日は阿部ちゃんとの絡みはなかったと。

■阿部ノブ君「今日の課題としていた、自分のコーチングで
フィールドの選手達を落ちつかせて無失点できた。
ただ、新たな課題も見つかったので頑張りたい」‥との事でした。

■今日も34番君はフル出場。
背丈といい、背番号といい、大迫みたいな体で。

■ヨネ、クラシコの悪い流れを切り替える意味も込めて、
すっきり坊主にしたそうです。
それ以前に、坊主へのこだわりもありそうだけど。
やっぱり試合に出続けてると、落ち着きが出てくるね。

■ケンタ、2日連続でのSBは「キツかった~」と。
でも表情は、充実感ありあり。
先程のボールが出てこない話でも、
「まさに『あ゛~っ!』って感じ」との事。
上がったら上がったで、浄さんから
「戻れ!」とどやされるし、大変だったみたい。
同い年連中でメシ食って帰ります‥と去ってゆきました。

■洋平やカズも、間もなく上がってきたので、
激励の声をかけてきました。
内容は、書くほどのもんじゃないので割愛(笑)。

d0048818_1825715.jpg

見切れちゃった(笑)

まだ達っちゃんが残ってるようだったけど、
監督の鳥かごは終わらなさそうだし、
早稲田の後半組の居残り練習も終わったし、
いい頃合いだったので、退散。
[PR]
by calcio-ken27 | 2009-06-05 17:57 | FC東京