【何気に・・・東京ダービー】日本ユース選手権予選 vs町田戦
雲が出始め幾分涼しくなった15時にキックオフ。

スタメンは・・・

チェ
武藤・松藤・平出・廣木
佐々木・年森・星・阿部巧
山崎直・重松

守山・込山・角田・笠原・梅内・三田・山口潤

ユース通の人達が・・
「ここまでガチンコなメンバーで来るとは!」と驚くほど
主力級を揃えてきた倉又監督。
来週の緑戦を見越しての起用か??

立ち上がりは、長身FWを起点に攻勢を見せる
町田の様子を見ていた感じだが、
これを寄せ付けず、徐々に主導権を握る。

12分、左サイドを突破した廣木のクロスが
そのまま相手GKの頭上を越えてゴールへ。
思わぬ形で先制すると更に14分、
左サイドでボールを受けた佐々木が
そのまま中へ切れ込みシュート、
それが入り、2-0に。

東京はピッチを広く使い、ダイナミックに攻め立てる。
町田ゼルビアは防戦一方に。

そして28分、ペナ右手前から山崎がななめに仕掛けていき
左足を振りぬいて、3-0.

続く31分、廣木がオーバーラップし深い位置まで仕掛けて
速く低いクロスを上げると、重松がダイレクトボレー!

37分、ペナルティ深くまで入ってきた星のクロスを
山崎が長身を生かしたヘッドでゴール・・・5-0に。

まもなく阿部巧がぐんぐん仕掛けてゆく場面があったが
惜しくもゴールにはならず。
前半はこのスコア、5-0で終了。

後半スタートはメンバー変えず。
前半に続き、東京がペースを握るも、得点までには至らず。
ただ守備陣がきっちり相手を封じてるので不安はなかった。

そして15分、中央突破のワンツーから
山崎が相手をかわしてゴールに流し込み、6-0。

17分、左サイドからのクロスが右に流れると
星が折り返しクロス。それを重松がヘッドで合わせて、7-0。

続く18分、相手DFが廣木の突破を塞ぎ、PK。
相手の飛び出しでやり直すも、山崎がきっちり決め、8-0。

23分、ぺナ手前で山崎が倒されるも流し、
阿部巧が突破してシュート、そのこぼれ球を重松が詰め、9-0。

24分、右サイドで星とのパス交換から抜け出した重松が
角度のない位置から右足を振りぬき、10-0。

25分、重松→山口潤、星→三田尚、山崎→梅内。
28分、味方と接触した阿部巧。笠原との交代。

29分、ゴール前の怒涛の攻勢の末、
中央に入ったボールを、山口潤が流し込んで、11-0。

33分、GK交代・・・チェ→守山。

37分、右に流れた年森から三田尚へ。
そのまま上がってクロス、山口潤が合わせて、12-0。

42分、ぺナの左深くに持ち込んだ山口潤から、
マイナスのクロス、これに笠原が詰め、13-0。
d0048818_2031853.jpg

この後も、終了まで攻めきる姿勢を見せた倉又トーキョー。
大量得点で、予選緒戦そしてダービーを制しました。

久々にユースっ子達の試合を見て、改めて思う。
倒れてもすぐ立ち上がり相手を追う、ひたむきさ。
若さがそうさせる部分もあるんでしょうが、
見ていてとても清々しい気持ちになりました。

あと、クラさんの熱いコーチングは
ちっとも変わってなくて、安心しました(笑)。

来週の稲城、行く方向で決まりですわい。
早速予定を立てねば。
その前に・・・明日のクラシコ!!
[PR]
by calcio-ken27 | 2009-05-23 20:04 | FC東京