5/13 TM U-17日本代表戦
涼しい風が吹きつつも、日差しが眩しかった、今日の小平。
午前練を終えた選手も何人か見守り、
また多数のメディア・関係者の詰め掛ける中でキックオフ。

相手には、ウチの廣木君(#6)が左SBで、
注目されてるガンバの宇佐美(#19)はFWでスタメン出場。
他は・・・すいません、ノーチェックでした。

東京は・・・

阿部伸
椋原・吉本・平松・小山
米本・下田
中村・大竹
田邊・近藤

廣永・高橋秀・他U-18より4名がベンチ入り。
d0048818_21495475.jpg

互いに攻守が入れ替わって、拮抗した序盤でしたが
20分、ヨネ~洋平~祐介と渡り、先制点!

直後に、カズからの縦パスが相手に奪われ、失点。

23分、洋平がペナ近くまで持ち込みループ気味にシュートするも
飛び込んだ祐介がプレーに関与したとしてオフサイド。

30分、ぺナ手前で洋平がキープする脇を、ヨネが追い越す。
洋平から受けたヨネがそのままぺナ深くまで入って行き
早く低いクロスを上げると、ファーに飛び込んだ草民が合わせ、2-1。

34分、ヨネ→秀人。そのままボランチに入る。

38分、祐介から中へ切れ込んできた北斗に渡り、
ゴール左隅へ流し込み、3-1。前半はこのスコアで終了。
d0048818_2151441.jpg


後半、U17日本代表は、メンバーを総入れ替え。
東京は、阿部ノブ→ヒロ、洋平→34番(松藤#26)、
北斗→38番(佐々木#15)と
GKと中盤の両翼を交代してのスタート。

相手は21番の長身FWに当ててからの展開。
東京も負けじと、隙を見ては相手陣内に仕掛けてゆく。

57分、敵陣で奪ってからの速攻。
38番から祐介に渡りぺナ右深くで切り替えして
左足でゴールにぶち込み、4-1。

直後に、祐介→37番(秋岡#22)。
更に61分、マツ君→39番(江口#19)と交代。
泰志をCBにするなど、ポジションを一部で入れ替え
フレッシュなユース選手とシモ・秀人が
流動的な動きで攻勢を仕掛ける。

暑さそしてなかなか給水を取れず、タフな状況で
動きが落ちてきた矢先の78分、
泰志の足がつった為、マツ君が再登場。
相手も必死に攻めてくる中、いなしてゲーム終了。

U-17日本代表に対して、格上の力を見せての勝利でした。

【今日のネタ】
■ノブ君には、相手の感想を聞いてみた。
やはり宇佐美選手は注意っしていたとの事。
積極的に仕掛けてくる姿勢は、対戦相手として曲者だなと。
後輩の武井選手(G大阪)に聞いた通りの印象だったそうです。

■洋平との好連携を見せていたヨネ。
「洋平君とは、マジやりやすいっす!」と連呼していました。
表情や言葉のトーンから、まじまじと感じましたね。
ちなみに、洋平も「やりやすいですね」と言ってた。
まさに『阿吽の呼吸』・・・
早速、週末の鞠戦でアタマから見たいもんだ。

■久々にケンタと「自称イケメン」のシモに写真を撮らせてもらう。
d0048818_21521515.jpg

二人に聞いたら、今日のメンバーは午前も練習してたそうです。
だから終盤は、マジできつかったみたい。

■泰志君も同様な話をしてくれて、
「なかなか給水するタイミングがなくて、きつかった」との事。
奥様は料理が上手いそうなので、旨い晩メシ食って休んでと伝えました。

■カズ君、今日は失点のきっかけになってしまったけど、
ワタクシなりにしっかりフォローしてきました。

■今日は数多いメディアの中で、久々にマルカトーレ青島アナを発見!
ハーフタイムにお邪魔して、恒例の写真を撮らせていただく。
d0048818_21525049.jpg

注目の宇佐美に関しては、

「代表チームの中で周囲と合わせてゆくか、
それとも自らのスタイルを押し通してゆくのか、
個人的には、わがままなくらいに自分を出して、
タフな状況になるであろう、代表の本番で
抜きん出た実力を示せるのか、注目したい。」

・・・といった趣旨のお話をしてくださいました。
返す刀じゃないですが、「東京はどうよ?」と聞かれ、
現状のもどかしさを正直に吐露しました。

ただ、他の強豪クラブと同じ事はできない現状を

「フカヒレや金華ハム、豪華な食材はなくても、
今あるもの・・・例えばソーセージを使って
いかにうまい料理を作ってゆくか。
クラブとしての姿勢も大事なんじゃないか?」

・・とアナウンサーらしい例えで語ってくれました。

あと、ヨネとケンタは期待している選手だと話したんですが、
その後ヨネの囲み取材で、他のメディアの面々と
じっくり話しているあたり、さすがサッカー担当・・・と思いました。

ちなみに、CL決勝に関しては、ローマへ行かないんだそうです。
どなたが実況するのかは「見てのお楽しみです」との事でした。

ドトールで一服してからの帰り道、グラウンドからは
倉又サンの甲高いコーチングが響いて、
週末の流経柏戦に向けて、濃密な練習が行われていました。
[PR]
by calcio-ken27 | 2009-05-13 21:53 | FC東京