【遠かった1点・・・都ダービー】東京vs京都
バクスタ観戦のワタクシ、こんがり焼けて肌がヒリヒリ(泣)。
d0048818_2012439.jpg

さて試合・・。
序盤から再三、東京にゴール前での
チャンスがあるも、得点までには至らず。
増嶋らCBを4枚並べた、
チームQの高く分厚い壁はダテじゃなかった。
なかなか崩す事はできなかった。

ただ、好調の石川をはじめ、徳永や長友も
機を見て思い切りのいいオーバーラップを繰り出し、
壁を切り崩そうという姿勢は見られたし、
前線の平山も、うまく周囲を生かそうと
時折下りてきては、球を引き出してたし
赤嶺と共にシュートへの積極性も見せていた。

一方の守備では
相手の得点源であるパウリーニョは、今野がしっかりケアし
ディエゴにもほとんど仕事をさせなかった。
米本も警告を受けたものの、持ち味の守備力を発揮。
終盤は苦しそうだったけど、フル出場を果たしていた。

久々の出場となった大竹を皮切りに、鈴木達也・近藤と
交代のカードを全て使い切り攻め立てるも
ゴールは遠く、東京は勝利という結果には報われず。
京都も、アウェイ今季初勝利を目論むも、こちらも報われず。
痛み分けのスコアレスドローで決着を見た次第です。

5月ながら真夏日となる暑さの中、健闘を見せた選手達。
お疲れ様でした・・と素直に伝えたいところですが、
やっぱり勝って連戦を締めくくりたかったのが正直な所。
何かすっきりしないのは、偽らざる気持ちであります。

久々に「もやっとボール」を投げたい衝動に駆られました、一瞬。

たらればは禁物ですが、前半の攻勢の中で
1本でもゴールが決まってれば、
結果も内容もかなり変わっていた気がします。

でも、「負けなかった」事はシーズン終盤に生きてくるはず。
1週間でしっかり調整して、次の横国での試合に向かいたい。
今日も大分に勝って、勢いが出てきたマリノスが相手ですからね。

あ、大分と言えば・・・宮沢さんはフル出場だったようで。
エジミウソンが途中交代する中での90分は
どんなもんだったんだろうか??

それと、シャムスカ監督。去就はいかに??
[PR]
by calcio-ken27 | 2009-05-09 20:04 | FC東京