【黄昏モード・・・】第2節 vs浦和@埼スタ
ん~、凹んでます。
どうしたらいいものか・・・。

パスサッカーの”後輩”に先を越された感じで悔しい。

先制されてもすぐに追いつけたし、前半の折り返しまで
モニと釣男の接触のように体を張った守備など、
双方の意地のぶつかり合いが見られ、
拮抗したゲームになるかと思われたのですが・・・。

ただ開幕戦同様、FWへのパスはCB釣男にことごとく潰され起点を作れず。
ペナまではボールを回せても、最後の所で厚い壁にはじき返される。

真吾・洋平・ナオを投入して、点を取りにいく姿勢を見せてくれたが
前掛りになった所を、逆にカウンターを食らっての2失点。

あとは終了まで、パスを回され奪えないもどかしい展開で、THE END。
今年も赤い壁を打ち破れず、悔しい想いで埼スタを後にすることに。

何か、思いのほか守備の綻びが深刻かも・・。
何ていうか、連携がまだ不完全だからか、
攻守どちらにおいても、リスクを負ったプレーが足りない感じがします。

相手が細かいパスで崩してくるのもあるのかもしれないけど、
もっと局面でハードコンタクトを厭わない守備が見たかった。
それこそ、カード覚悟な勢いで。
ボールホルダーへ深く追っても、誰かがカバーする・・・とか。
その辺はもっと場数を重ねなきゃなのかな?

攻撃にしても、昨年の今頃のように
「パスを回す」事にばかり意識がいってるように見えて、
もっとドリブルで仕掛けるとかミドルシュートとか
相手の厚い壁があってもなにくそ・・・って姿を見たかった。

開幕戦のFMで石井アドバイザーが意味深な解説をしてらしたようですが
「何かこのままズルズルいってしまうんじゃないか」という危機感が芽生えてきました。

選手もそれは感じてるのでしょうが、それが変なプレッシャーになるのも困るし・・・
難しい状況になりましたが、でも選手・サポーター一丸となって
前を向いて進むしかないんですよね。

今日の借りはホームでの対決で晴らしましょう!!

写真はそんな黄昏モードにさせる空をバックに。
d0048818_1927546.jpg

[PR]
by calcio-ken27 | 2009-03-14 20:08 | FC東京