【点差以上に完膚なきまで‥】大分戦@味スタ
d0048818_22154052.jpg

d0048818_22154031.jpg

ギリギリと思いきや、買い物やカード引換までして、
意外と余裕で、飛田給に到着‥ユルネバ歌えたし(^-^)b

試合は、スコアこそ1-0の僅差でしたが、
内容的には、マリーゼの試合同様、圧倒してましたね。

序盤から激しいチェックで、主導権を引き寄せ、
時折、大分の選手に、個で突破される危ない場面はあったけど、
モニを中心に守備陣が最後の所で踏ん張りを見せてくれた。

攻撃面でも、真吾やカボーレが幾度となく好機を演出、
得点こそCKに合わせてのゴールの1点でしたが、
そのゴールが、真吾が左足でダイレクトに突き刺す豪快な一撃!
「これぞストライカー」と惚れ惚れするゴールでした!
それと、カボーレ。攻守に渡って存在感を示していました。
ボールや選手を追って走り出す一歩から、ぐーんと伸びる速さ‥。
相手とのせめぎあいにも負けない強さ‥
最近の体のキレを感じさせます。
そして、トップ下で抜群の動きを見せたクリ‥、
影のMVPと言っても過言ではないでしょうか。
カボーレ共々、前線でめっちゃ効いてました。

大分の方は、東京が大竹を投入した終盤に進むにつれ
更に、東京のスピードについていけず、
荒めのファールで止めるのが精一杯。
結果、イエロー2枚で森重が退場。
更に前田俊介も、途中出場ながらイエロー2枚で退場に‥。
選手だけでなく、ベンチのスタッフ陣も
イライラが重なっての、自滅に近い形での終戦に見えました。
ミヤ繋がりで知り合いになった、トリサポの方々には気の毒ですが‥。

もちろん、もっと得点が欲しかったけど、
そんな状況でも焦れずに、僅差ながらも
しっかりゲームをクローズできた事はプラスに考えられますね。
清水戦の敗戦間もなくても、ここまで立て直しての勝利は、
観ている我々も、非常に痛快でした!

どこまで進化してゆくのだろう、城福トーキョー♪

次は、初スタジアムともいえるNACK5。
読めない要素も多く、大宮のチーム自体が好調。
侮れない一戦になりそうです。
ではまた土曜日‥Ate Sabado!
[PR]
by calcio-ken27 | 2008-04-29 22:15 | FC東京