腹立たしい・・・ちっとも美しくない国
今日はどうしても、書かずにいられなかった事柄があったので、
いつものフットボール話とは、趣向を変えて・・。

■相席を頼んだ男性 暴行され死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000203-yom-soci

普通の感覚では、まずあり得ない。

そもそも、休日の混んだスーパーの飲食コーナーで
我が物顔でテーブルを占拠して居眠りする事が非常識だし、
そこで相席を頼んだだけのご年配を捕まえて
殴る蹴るの暴行を加えるなんて言語道断!

亡くなった男性の方には、気の毒としか言いようがないです。

なお、この若い男は、今日警察へ出頭してきたとの事ですが・・・。

つい先日起きた、愛知の拉致・殺害事件の時も思ったのですが・・・

「大人の男なのに、弱い者にばかり暴力を仕掛けるなんて・・

 万死に値する、人でなし!」


ですよ。

女性・年配だけでなく、老若男女誰であろうと、

【相手を敬う】という、当たり前の事を、教わっていないの?

教わる・・というか、これは『しつけ』の範疇か・・。

平穏に日々を過ごす我々を脅かす、これだけ非道な犯罪者が、
「もしかしてすぐ隣にいるのでは・・」と思うと、背筋が凍る。
こんな状況をなくす為にも、
【犯罪の更なる厳罰化】を真剣に検討すべきなのでしょうか?

「死刑」を甘んじて受けるべき、このような重罪を犯した者たちには、
守られるべき人権を、自ら放棄したと解釈してもいいと思う。
それだけ「人を殺める」という事は、重大な事なんだと、
加害者はもちろん、社会全体に知らしめる為にも必要だと思います。

今後彼らは、法に則って裁かれる立場になりますが、
犯した罪のはてしない重大さを真摯に受け止め、
【死刑】を含めて、いさぎよく罪を償うべき・・。
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-08-27 21:09 | コラム・日記