サテ横浜FC戦@夢の島
明日の事を考え、出待ちもせず、もう帰りの電車にユラリユラリ。
新木場から直通一本は楽チンです♪

さて試合‥期せずして、双方とも豪華メンバーでの対戦。

東京は‥

田端(Y)
吉本・エバウド・八田・茂庭
栗澤・池上・石川・鈴木規
森村・小澤
d0048818_21214992.jpg

横浜は‥カズさんに山口素、控えに三浦淳と
ウチの主力級が霞む位のの役者揃い。

序盤は、昂太やコザを起点に、ナオや規郎がサイドをえぐり、
ゴール前でも決定的な場面を作るも、ゴールには至らず。

ただ、横浜も、川崎からレンタル中の西山が、
小柄さ故の機敏さとスピードを生かした突破を繰り出し、
あわやの場面を作られ、ヒヤヒヤな展開。
そんな中での先制は、意外な形。
その西山が上げたセンタリングが、クリアしようとしたDFに
ジャストミートして、オウンゴールに‥。
相手のゴールに決まればマーベラスって位見事な形ではありました。
ただ、それ以上の失点なく、折り返し。

後半、規郎→小山、吉本→大竹(Y)と攻撃のカードを切り、追撃体制に。
その大竹が、左を突破しての早いクロスに、石川が合わせて同点!
追い上げムードになるか‥と思った矢先、
横浜の素早いカウンターをDFが捕まえきれず、
後半あたまから出場の内田に決められ、再び追いかける展開に。

その後は、疲れからか双方動きが落ち、やや肉弾戦の様相を呈し、
後半早々イエローの内田が2枚目で退場したうえに、
更に接触プレーで相手DFが負傷退場し、数的優位な展開に。
負傷退場の昂太に代わって出場の井澤(Y)を含む、
ユースの選手たちが生き生き動いてチャンスを作り、
クリやナオ、はてはDFのエバやモニが攻撃に絡むも、
なかなかゴールに至らず‥でも、終了間際、
怒涛の勢いでゴール前に攻め立てる中、クリがゴールに押し込む。
主審の判定が遅れたからか、一瞬、シーンと静寂が訪れるも
ゴールが認められ、2-2の同点に追いつく。

直後、異議で2枚目のイエローの玉乃が退場し、
更なる数的優位な状況も、勝ち越しに至らず終了しました。

☆追いつきはしたが、後半途中から全体で連動した攻撃の形を作れず。
個々の突破や、意図のハッキリしないパスなど、
打開しようにも、もどかしい展開に。
裏返せば、後半あたまからの横浜の素早いプレスが効いてた証か?
☆終盤の追い上げの時、ユースの子達は、普段から慣れてるせいか、
素早い動き出しとパス交換で見せ場を作れていた。
トップの選手同士も、彼ら位までに連携を深めていけないものか??

☆話題のエバウドですが、フル出場でしたよ。
やっぱりリーチを生かしたボール奪取と、
期を見たダイナミックな攻め上がりは、大きな武器になるかも。
ただ、終盤は消えていましたが

と、トップ同様にまだ課題は山積してる状況。
少しずつでも修正していって、スタメン組の選手を脅かすプレーを
9日のサテ次節もアピールして欲しいと思います。
d0048818_21214930.jpg

あぁ、やっぱ無理してでも、出待ちしときゃ、良かったかなぁ‥(笑)。
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-08-19 21:21 | FC東京