【両翼をもがれた鳥は飛べない‥】vs大分戦@味スタ
d0048818_23112926.jpg

d0048818_23112951.jpg

後半25分過ぎから、体調不良で見届けてませんが、
席に帰ってからの場内の雰囲気から察するに、
追い上げが見えぬまま、終わったようですね。

G裏が、早々に断幕撤収していたり、
昨年もなかった程のデカいブーイングに驚きました。
彼らなりにG裏で戦った上で、この結果になれば当然の反応か。
でも、あんなイケイケの反応は、初めて見たかも‥それだけ衝撃的。

この意思表示を、監督以下選手はもちろん、
フロント上層部は、どのように受け取るのか、
見届けていかなければと思いますが‥


すいません、もう心が折れそうです。。。


ただ、帰りに仲間と話して一致したのは‥
大分は、ボールを奪ってから速攻という、
単純だけど基本的な事を反復·実践できていたのに、
東京には、個人の能力でチャンスがあり、得点もできたけど、
これといった確たる形が見えてこなかった‥という事。
時折、流れるような展開も見られたけど、やっぱり数少ない。

守備に関しても、失点の経緯には納得いかないけど、
そこで、気持ちを切らせず、いかに立て直していくのか。
2点目の失点も、相手のカミソリカウンターを褒めるべきだけど、
高橋大輔に抜かれれちゃいけないよ。
一瞬の隙を見せてしまったかなと感じずにはいられなかったです。。
何せ観ている私も、気づいたら既にゴール前に行かれてたから。
それだけキレあるカウンターだから、ますます悔しい。

また、タイトルのように、両翼のナオや規郎をはずしたのは解せない。
最終的に、相太を入れてのパワープレーに出たようですが、
後方からの放り込みで、一本調子になってたとの事。
こういう時こそ、両翼がえぐってのクロスなども
生かせたのではないかと思えてなりません。
2人共、目に見えて運動量は落ちた感じはしなかったし、
ミスをした訳でもなかったし‥やっぱり解せない。

一介のサポーターが言うのは申し訳ないけど、

「この中断期間に、何をしてきたの?」

と言われても、おかしくないと思う。
ハードワークが身上のシャムスカ大分には、
更なるハードワークが必要だったんじゃないの‥とも。

中断あけに期待して、駆けつけたサポーターを失望させた事実は、
重く受け止めて、明日からのトレーニングに望んで欲しい。

後半戦、更に険しい道程になってしまったけど、
選手も、我々サポーターも、前を向いて行くしかない。

そして、もっと危機感を持たなければ‥。

とはいえ‥1失点目の場面は、やはり納得いかない。
セルフジャッジしてしまった自分が悔しい。
ラインズマンがGK指してるのに気づかない主審、
そして、その隙をついてきた大分のしたたかさにやられたのが尚更悔しい。。

それと、失点にはつながらなかったが、
後半の明らかなバックパスの見落とし‥あり得ない。

ホンマに悔しい‥。
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-08-11 23:11 | FC東京