【終わり良ければ全て良し??】甲府戦@味スタ
今日の試合、甲府にレンタル移籍中のマス君にとっては
キャンプ中のTMを欠場してまで、待ちに待った凱旋試合。
開始早々の競り合いで、ちょっと堅さが見えてたけど、
やっぱり、甲府のDFを引っ張る存在になってるなぁと、感慨ひとしおでした。

対する我らが東京。赤に惜敗して間もないゲーム。
ここからまたガタガタと連敗は避けたかった、大事なゲーム。
憂太の100試合出場のメモリアルもあったしね。
本人は残念ながら出場できませんでしたが・・・。

さて試合は、細かいパスワークを駆使する甲府を前に、
苦戦する場面もありましたが、再三チャンスメイクはできていたなと。

で、前半30分といういい時間に、規郎のゴールが決まり、幸先良く先制できた。
押さえの利いた低い弾道で、対面した杉山の股を抜く、豪快なゴールでした!

後半も早い時間に点を・・・と思った14分、
まるで前節の失点を、東京が再現したかのように、
フクさんのシュートをGKが弾いた所に、ルーコンが詰めて追加点!

と、ここまではよかったけど、その前にあった選手交代でリチェが入ったけど、
それから、何か連携にギクシャク感が・・・。
憂太を準備させておきながら、しばらく保留したうえでのリチェ投入だったんですが、
それが、「ベンチの迷い」とピッチ上の選手たちには感じられてしまったのかな?

徐々にリズムを掴みかけていた甲府に、カミソリのような鋭い速攻を仕掛けられ、
右を駆け抜けてきた茂原に決められて、1失点・・・。

更にその後にドラマが・・・って、ゴールとかじゃないんですが(苦笑)。
速攻を仕掛けたリチェ、ペナルティエリアで倒された!
が、シミュレーションを取られ、この日2枚目のイエローで、退場!
彼は投入早々に、接触のファールで1枚もらっていたんですが、ん~~~。
バクスタ中央から見た印象では、PK取ってもらってもおかしくないかなと思った。
ゲームを始めたいマス君に、なだめられてましたが、
リチェはやっぱり、納得いかなかったんでしょうね。

で、数的不利の中で、残り15分強を乗り切らなきゃならなくなり、
甲府の鋭いカウンターに、かなりアップアップな状況。

でも・・・何とその後、茂原が「(FKの)距離不足」という判定で、2枚目のイエロー。
そして、退場・・・。かなりエキサイトしていたから「異議」でファールかと思った。
けど、これで数的にはイーブン。

最後はモニを投入して、総力で逃げ切り、万博を前に勝ち点3をモノにできました。

ゴールを決めたルーコン・規郎、そして、試合後インタビューのフジさんが、
G裏からの煽りもあって、シャー×3をやって、締めくくりましたとさ。

とはいえ、家本主審。あなたが一番目立っちゃいかんでしょ~?
それにしても・・すごいよね、この判定のバランス感覚。
帳尻があったといえばあったけど、もう少しカードを少なくして、
スムーズな試合運びに、裏方として貢献していただきたかった。

マス君にとっては悔しい結果となってしまったけど、
この借りを、小瀬で返せるように、今後も頑張ってほしいと思います。
何か甲府の方々には、ちょっと申し訳ない気持ちも正直ありますよ。
けど、甲府もこんな順位にいるチームじゃないと思います。
ユルネバの時にブーイングもなく、リスペクトしていただいてるのは感じました。
ぜひ、頑張ってほしいと思っております。
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-06-20 23:12 | FC東京