【緊迫度の差?】清水戦@日本平
d0048818_232188.jpg

降格圏が間近に迫る緊迫感が強い東京が、
前線からの激しいプレスと、ワイドな展開からの攻撃で、
清水イレブンを凌駕し、勝ち点3を持ち帰りました。

唯一の失点は、コースが見えた時点で瞬時に左足を振り抜いた、
兵働を褒めるべき、見事な弾道のシュートでした。

が、その前の先制点、そして後半早々の、規郎のゴールも見事なものでした。
特に2点目のは、左深くに攻め込み、角度のない所から、
サイドネットに突き刺す、勢いのあるゴールでした。
久々に上がり目のポジションで挑んだ、
規郎の気迫こもったプレーでした!


そして途中交代で‥「待ちにまった」憂太の登場。
彼も結果が欲しい状況で、ゴールを決めて‥
思わずジーンと来て、しばらく言葉にならなかった。
ちょいと涙もホロリ‥と、久々にしちゃいましたし。

ともかく、あの蒸し暑さの中で90分間、ほぼ集中切らす事なく、
選手みんながハードワークを惜しまず、
敵地での勝利で、試合を締めくくれたのはホンマに嬉しかった。
d0048818_2321831.jpg

それにしても‥梶山の運動量はマジ尋常じゃなかったね!
仲間と話していても、皆がMVPと言ってました。
梶山がこれだけ計算できるようなら、今後がますます楽しみです。

ようやく今季の「型」が固まりつつあるかな‥と。
後はこれを如何に「本物のチーム力」にしてゆくか。
終盤見せた、【モニCB·今ちゃんアンカー】が理想か?
次節の浦和戦から早速、選手そして原監督の手腕が問われます。

それにしても、毎年思うのが‥
最高のホスピタリティを用意してくれる、
貴重なスタジアム‥日本平。

アクセスはちょいと難があるけど、
豊富に用意されるスタジアムフードの数々。
そして、試合までの場内演出‥そう、パルちゃんショーにチアダンス。

常に「旬」の話題を追求するパルちゃんファミリーには、ホンマに感心‥。
ビリーズ·ブートキャンプをパロってみたり、
故植木等さんをリスペクトする、スーダラ節を踊ってみたり、
もちろんいつもの「プーマ」はお約束(笑)。

今年も腹を抱えて笑わせていただきました!

あと、写真を取り忘れましたが、忘れちゃならないグルメ発見!

☆七穀ステーキサンド
‥帰りの車中で食べたけど、冷めても肉は柔らかく美味かった!

☆バナナデニッシュ
‥真ん中に、スライスバナナとバナナクリーム、
表面にビターチョコがまぶしてあって、
甘さとほろ苦さのハーモニーが絶妙でした!

朝、河岸の市の「みやもと」でいただいた、旬の海鮮丼と共に、
来年も、しっかり食するつもりです(^-^)b

さぁ、来週の浦和戦。
今日の勢いを生かし、自分達の「型」を貫いて、
勝ち点3に向かって、気合い入れていきまっしょい!
数では負けるけど、それに負けない「熱い気持ち」を表したいね。
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-06-10 23:02 | FC東京