【厳しい現実‥】川崎戦@等々力
d0048818_21141033.jpg

d0048818_21141045.jpg

1階で跳ねてた面々やピッチ上の選手達に比べたら、
申し訳ないんですが、2階で観戦でも、非常に疲れました。

前半の失点の数々に落胆して、後半の追い上げに熱くなり‥
ジェットコースターのような起伏の激しい心理状況に、
ドッと疲労感が襲ってきています‥。


相手の3バックに対抗しての3トップの配置だったのか?
ただ、その策はハマらず、逆に相手の術中にハマる形に。
ジュニーニョ、黒津、そして大橋のカミソリのような攻撃に、
ズタズタに切り裂かれてしまいました。
特に、大橋には一昨年も鞠戦でやられた嫌な記憶が蘇りました。

後半は、パウロや梶山、規郎を入れて、
バランサーのクリーやサリさんを外してまでの
明確な攻撃姿勢を鮮明にし、

ルーコンのPKと、ゴール前の粘りからのナオゴールで追いすがるも、
5-2の敗戦で終了しました。

素人的な意見を言わせていただけたら‥

やれるんなら最初っからやってよ‥

って感じでしょうか。

もちろん冷静に考えたら、相手がある事なので、
簡単にはいかないのは承知しているつもりですが、

あれだけの実力を持った選手が、後半のようにひた向きに
思い切ってプレーできたら、あれだけの追い上げができるんです。


前半の後手後手に回った場面、
相手のスピードある攻撃に、なかなか手が出せない状況でしょうが、
一歩、あと一歩早い判断と動き出しがあれば、
もっと拮抗した試合になってたのかなと思いました。

後半のあの戦いができるのなら、僕はもう少し待ちます。
だから、ブーイングはしなかった。


こうなったら、水曜と土曜日両方勝つためにも、
思い切ってターンオーバーも検討してほしい。
選手達には、多分に疲労の蓄積もあったと思う。
特に後半途中、足を引きずるフジさんの姿は見ていられんかった。

で、水曜のナビスコに関しては、鍵になる今ちゃんやモニ、悠平には
引き続き頑張っていただくとして、
前線は、真吾+相太。最終ラインも、ガミ君やカズ。
中盤も、憂太や昂太、ノブさん、規郎などの
フレッシュなスタメンで行って欲しい。

で、土曜日、ルーコンやパウロ、ナオやフク、サリ&フジさんには
万全の状態で臨んで欲しいです。
どうせここまで来たら、原さん以下首脳陣の方々には、
これくらい思い切ってやっていただきたいです!

もう、重い体で走り負ける試合を見て、落胆したくない。

今までの東京にあった、ひた向きさを取り戻してほしい。
そこが東京の取り柄じゃないの?
サポーターはそんな選手達の姿に惚れてるんだから。
その点を理解していただいて、今後につなげて欲しい。
僕を含めて、サポーターはみんなそれを望んでいるはずです。


それを見届けてる為にも、水曜は国立、土曜は味スタへ向かいます‥。
選手・スタッフ、そしてサポーターの皆さん、ここは踏ん張りましょう!
[PR]
by calcio-ken27 | 2007-05-06 21:14 | FC東京