【悔しい幕切れ‥】天皇杯 清水戦
若干、地元の出発が遅れて、ヒヤヒヤしながら
新幹線に飛び乗り、いざ岡山へ‥。

現地は、パラパラ小雨混じりも、空が明るくなって、
「こりゃ晴れ男伝説、更新か?」
なんて思ったのもつかの間、
にわか雨にさらされながらの観戦でした。
d0048818_202313100.jpg

¥序盤に先制されるも、間もなくCKから、
マス君の気迫のゴールで同点に‥。
ちなみに、マス君をはじめとした選手達。
今日は終止安定した、気迫こもったプレーを見せてくれました。

更に、再びセットプレーから梶山が飛び込んで、
2-1とリードする展開に。

少ないタッチの素早い展開からピンチを招くも、
好調の清水相手に憶する事なく、果敢に挑んでました。
ただ、このまま逃げ切るかと思ったが、
曖昧で不安定なジャッジもあり、
自陣でのFKを与えてしまう展開が続いて、
ついに、同点にされてしまう。

延長戦になり、ノブさんに引き続き、阿部ちゃん・憂太と
カードを切り、追加点を狙いに行くも、
最後もセットプレーから相手に勝ち越し点を決められ、
2-3のスコアで試合終了、東京の天皇杯は終わりました。
d0048818_20231362.jpg

今日で最後の文丈さんをはじめ、
ほとんどの選手は悔しさを表しつつ
淡々とした表情で挨拶するなか、
マス君は人目もはばからず涙していました。
彼自身の日記のコメントから察するに、
今後の事を含め、いろいろと期するモノがあったのかなと。
それ故の悔し涙だったのかなと‥あくまで推測ですが。

他の選手たちもそう。もちろん「文丈さんを元旦に」との思いがあったでしょうが、
今後の身の振り方を考えつつ、プレーしていた選手もいたかと。
そういう選手にとっても、今日がラストになったのは、
悔しい思いだったかと思います。
今年はこれで最後かはまだわかりませんけど、
岡山でのサポーター同士の挨拶じゃないけど‥
「よいお年を‥」と願うばかりです。

あぁ、でもやっぱり‥悔しいっす!!
[PR]
by calcio-ken27 | 2006-12-09 20:23 | FC東京