【ありえない退場の判定】京都戦
あらゆる情報を遮断して、16時からのMX中継見ました。

序盤から東京が流れを作り、攻勢だったけど、
流れの中からもセットプレーからでも、ことごとくゴールならず。

奥谷主審とあって、細かく笛を吹いてたから、
嫌な予感がありましたが、見事的中。
相手選手とイノの競り合いのなかで、PKの判定を取られ、
それをパウリーニョに決められ、0-1に。

その後はお互いになかなか流れを引き寄せられず。

後半あたまからのワシントンを皮切りに、
阿部ちゃん・ミヤを投入して、先手先手を打つも、
京都に逃げ切れられ、悔しい1敗になりました。。。

ってか、何だ。あのワシントン退場って!?
FWとして、当たり前のプレーをしただけなのに。
2回目の警告の時なんか、相手DFと絡んじゃいるけど、
とてもカードの対象には見えなかったし。
あの主審、ちゃんと見てたんかいな?
現地組の方々は、どう見えましたか??
あれが警告ってなると、とてもタフで強靭なFWは育たんよ(怒)。
家本主審と同様、再研修受けてこいよ‥。

とまぁ、守備に関しては今ちゃん戻って、
かなり安心して見られるようになったから、
あとは、決められる時にしっかり決められる決定力‥ですね。

さ、赤vs熊のテレ玉中継でも見るか‥。
[PR]
by calcio-ken27 | 2006-09-16 19:18 | FC東京